FANDOM


Neo.jpg

ネオトーマス・A・アンダーソン

人物解説 編集

表向きは、大手ソフト会社のコンピュータープログラマーとして働いている好青年。裏の顔は数々のコンピューター犯罪を犯していたクラッカー。日々の生活の中、現実に違和感を覚え、何者かも知らないままにモーフィアスに近づこうとし、そのために、エージェントに狙われる。それらをきっかけとして、本当の現実の姿を知り、そこにある人類の存亡を賭けた戦いへと身を投じていく。

マトリックス編集

仮想世界に住んでいて優秀なプログラマーだったが、裏の顔はネオという通り名を持つクラッカーで電脳犯罪を犯していた。モーフィアスとコンタクトを取ろうとしたためエージェントに目を付けられ、追跡プログラムを仕込むための囮として捕縛される。その後、モーフィアスと出会いこのまま違和感を抱いたまま日常に戻るか、世界の真実を知って戻れぬ道を歩むかの選択を迫られた末に、現実世界の住人となる。彼こそが預言者(オラクル)が予言した救世主なのだが、最初そのことはモーフィアス以外は半信半疑だった。オラクルとの会話から自分が救世主ではない事を悟るネオだったが、エージェントとの戦いで自分の意識がマトリックスの法則を突き破りかけている事を感じ、徐々に彼自身「自分が救世主ではないか」と信じ始める。仮想世界でエージェントとの戦いの末、彼は撃ち殺される。その時トリニティーの愛によって蘇生し救世主として覚醒、スミスを倒す事に成功する。実は、トリニティーに愛されることが救世主となるための条件だった。救世主の能力とはマトリックスの情報を分解し、自分の望むとおりに書き換える事で自分の意識が届く範囲に対してマトリックスを操作する事であり、エージェントがマトリックスを支配できるなら、自分はマトリックスを無視できるという事である。彼はその力を駆ってマシンたちに宣戦布告を、マトリックスにつながっている人類たちに呼びかけを行う。

マトリックス・リローデッド編集

救世主として覚醒した為、楽々とエージェントと戦える絶大な力を手に入れ、空も飛べるアノマリー(異常情報体)となる。再びオラクルに会いトリニティーの危機の予言を聞かされ、自分自身でもその予知夢を見ている。ザイオンの破局を防ぐためにソースへ至ろうとするが、たどり着いたメインフレームにおいてアーキテクトから衝撃的な事実を知らされる。救世主とはマトリックスを完全なものに近づける為に進化の閉塞に至ったマトリックスをリロード(再構築)し、それまでの情報を反映した、ヴァージョンアップした状態で新たにマトリックスの世界を始める役目を負った、ただのプログラムであり、自分のような救世主が過去に5人いたことを知る。ザイオンの破滅による人類の生存とトリニティーの救出という究極の選択を強いられるが、その両者を救う道を選ぶ。その行為はオラクルの予言を超え、トリニティーを助け蘇生させた。

マトリックス・レボリューションズ編集

マトリックスと機械世界の間の駅に監禁されていた所を、トリニティーに助けられる。ナイオビから譲り受けたロゴス号でマシンシティーを目指すものの、道中で密航していたスミス/ベインと戦い、眼を焼かれて盲目になる。覚醒して電子の流れが見えると、スミスの存在を感じ取る事が出来、ベインを撃退する。その後、センチネルの追撃を振り切りマシンシティーの心臓部に向かうが、制御不能に陥ったロゴス号がマシンシティー構造物と衝突し、その際トリニティーを失う。悲しみを乗り越え最深部に向かうと、マシン達の統合知性体デウス・エクス・マキナとの間にスミスを倒すかわりにザイオンを見逃し、人類を解放し、戦争を終わらせる取り引きを交わす。仮想世界では、大雨の中スミスと最終決戦を繰り広げる。戦闘の最中、勝利を確信したスミスの放った一言を聞き、スミスの中に同化されきっていないオラクルがまだ存在している事、スミスの不可解な復活に始まる一連の出来事が全て、人類・マシン双方にとって脅威となる存在を作為的に生み出す事によって、戦争を終わらせる為のオラクルの計画であった事を理解し、自らスミスにわざと同化される事で、外部からのアクセスが不可能になっていたスミスへの進入口を作り出し、デウス・エクス・マキナによってスミスもろともに消去プログラムによって破壊される。人類とマシンの戦争はここに終結し、彼は厳かにマシンシティの摩天楼の中に消えていった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki